Top

シェルティー達と私 *Sheltie Life*
by Garanceria
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
初めてコメントさせて頂き..
by ヴィヴィアランパパ at 10:33
このこ ちびさん?? ..
by lune at 01:29
13年前にココの赤ちゃん..
by 高野朋子 at 18:56
確かに泣きます。 涙腺..
by Garanceria at 20:39
予告編で既に泣いちゃって..
by ジュリーママ at 18:54
めちゃくちゃ可愛い♪ ..
by ちゃこぽん at 12:52
きららの受胎が確認できた..
by garanceriajp at 17:49
わあー 可愛いですねぇ..
by blue at 01:08
大運動会! 陸が小..
by blue at 01:27
今度はローラ尾体調も万全..
by garanceriajp at 22:01
以前の記事


クリックしてね


検索
その他のジャンル
お気に入りブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"Sepiakitten1" Skin
by Animal Skin
10周忌
名犬 ダコタが私の子になって、数年のち、
我が家で初めて ダコタの子が生まれた。
女の子3頭だった

大・中・小 とそれぞれの大きさで生まれてきたお姫様は
中くらいの子が、生まれて間もなく天使になってしまった。

大きい子に Sayaka
小さい子に Rikaちゃんと名づけて
お姫様2頭が、我が家に仲間入りした

f0098313_12243077.gif


小さいお姫様 Rikaちゃんは、大きくなっても2.2kgしかない極小シェルティー
生まれながら腎臓が悪く、治療の甲斐もなく
忘れもしない生後6か月の2002年10月27日天使になった

あの日は どうしても、行かなければならない用事があり、出かける間際に
Rikaちゃんに、「ママが帰ってくるまで待っててね」って言ったら
本当に、帰ってくるまで待っていてくれた

本人は辛かっただろうに・・・

たったその何気ない一言に、まさか、待っていてくれるなんて、Rikaちゃんって、なんていい子だったんだろう

10年たった今でも、あの日のことは、忘れられない

いい獣医さんがあると聞きつけては
母が越谷まで連れて行った

Rikaちゃんは、母が初めて「この子、私の子にしていいかしら?」って言って、特にかわいがっていた。
Rikaちゃんは、母の酒飲みの相手もしてあげた
Rikaちゃんは、本当にかわいかった。

いつまでも、いつまでも、愛しているよ。
Top▲ by garanceriajp | 2012-10-27 12:36 | Rainbow Bridge | Comments(0)
<< ヤバい・ちょうどヤバい | ページトップ | 何しに行ってるんだか! >>