Top

シェルティー達と私 *Sheltie Life*
by Garanceria
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
最新の記事
信じる者は救われる その2
at 2017-10-17 00:00
信じるものは救われる その1
at 2017-10-16 00:00
絶賛中!
at 2017-10-15 19:08
雪化粧
at 2017-10-06 13:27
見たかった映画
at 2017-10-02 17:57
最新のコメント
確かに泣きます。 涙腺..
by Garanceria at 20:39
予告編で既に泣いちゃって..
by ジュリーママ at 18:54
めちゃくちゃ可愛い♪ ..
by ちゃこぽん at 12:52
きららの受胎が確認できた..
by garanceriajp at 17:49
わあー 可愛いですねぇ..
by blue at 01:08
大運動会! 陸が小..
by blue at 01:27
今度はローラ尾体調も万全..
by garanceriajp at 22:01
うららさん、 じゃがい..
by garanceriajp at 22:00
絶対 「じゃがいも」君?..
by urara922719 at 10:33
どうやらやっとドッグウォ..
by urara922719 at 10:19
以前の記事


クリックしてね


検索
その他のジャンル
お気に入りブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"Sepiakitten1" Skin
by Animal Skin
カテゴリ:Cat( 6 )
Top▲
やっとギブスがとれ・・・・
犬と、猫では、違うんでしょうかね?
それとも、病院が違うから、先生の治療の方針が違ったのか?

去年、10月初め、サンゴが骨折して帰ってきて
手術してギブス生活をしていましたが
この度、やっとギブスが取れました。

メーテルが、子犬のころ骨折してギブスをしていた時は
人間のように、はめっぱなしのギブスでしたが
サンゴは、取り外しができるギブスで
毎日のように病院に通って、ギブスを外して消毒をしてもらっていました

ギブスが取れても、まだ傷跡がぐじゅぐじゅしているので
エリザベスカラーをしていますが
f0098313_12322719.jpg

ヒステリーを起こして、自分でエリザベスカラーを噛んでいます
みっともないなぁ…

今はやりの赤いきつねカラーも試しにやってみました
f0098313_1234138.jpg

顔が大きいのか?
これじゃ、首をねん挫したときにつける あれ?
傷口に届いてしまって、あえなく断念
Top▲ by garanceriajp | 2016-01-27 12:36 | Cat | Comments(0)
4泊5日
脱走しても、どんなに遅くなっても翌日には
帰ってきていたサンゴが
何日も帰ってこなかった

母がとっても心配して
近所に聞き込みに行ったら
脱走した次の日
3本足で歩いている茶トラの猫がいた情報を仕入れてきた

この近所には、サンゴも含めて3匹の茶トラがいる

その姿を見た人曰く
タマタマちゃんがついている男の子だったという話だったので
うちのサンゴは、玉無しだから違うと思いつつも
何日も帰ってこないので
草むらで、野垂れ死に でもしているのではないかという恐怖に変わる

最近 いろいろ物騒だし
サンゴは、他の猫と違って、警戒心がない子なので
万が一、頭のおかしい人につかまって
最悪の姿になってしまったりしていないだろうか?
変な標的にされてしまっていないだろうか?
凄く心配

仕事中の母から、毎日
『サンゴ帰ってきた?』ってメッセージ

帰ってきていないので、無視していると
今度は、妹や姪っ子から
『サンゴ帰ってきた?』とメッセージ
母が、私に聞くように、メッセージしたらしい
いないものは いない

仕事に行く途中
いつも行くローソンに 近所の猫がいた
まだ朝も、夜が明ける前なので、辺りは暗い
その猫は、駐車場に車を乗りつけても、怖がらず逃げることもしない
あんまりお金持っていなかったけど
飲み物を買うついでに、あの猫になんか買ってあげようと思いつつ
猫のおやつ買ったら、店員さんにもバレバレだし
カニカマを買って、車の中から、猫に向かってカニカマを投げた
4本くらい投げたところで、やっと、食べ物だと気づいたみたいで、
食べてくれた姿を見て、仕事に向かった。

仕事から帰って、家に入ると
母が サンゴが朝帰ってきたの
っていう。

あらぁ~
猫の恩返しかしら?

しかし・・・・4泊5日の無断外泊 心配でした
Top▲ by garanceriajp | 2015-10-07 20:01 | Cat | Comments(0)
大事件です!!!
仕事から帰ってくると
外で、ずーっと 大きな声で猫が鳴いている声が聞こえた

うちの子だ

父に聞くと
もう あーやって3時間も泣いている と・・・

裏のお宅の方から聞こえる
よく見ると
裏のお宅の1階の屋根とベランダの隙間に入り込んで 出てこれなくなったらしい
私が窓から顔を出して、どこにいるか目を凝らしてみると
向うからも見えるようで
声がさらに大きくなる

うちの子 次男 フタバ

あんた、私のこと嫌いなくせして、私に助けを求めているのかしら?
ちょっと、複雑な心境

どうせ、私が捕まえに行ったって 逃げて捕まらないんじゃ!?

犬のご飯を作っている間に、また窓からのぞくと

おや!?
母が、裏のお宅の人に頼んでいつも遊んでいるおもちゃを
ベランダにぶら下げてもらったら
その匂いにつられ、

入り込んだベランダの下から出てきて ベランダの柵からベランダに乗り越えようとしているが
太っているので どうも無理っぽい
また、泣きながらベランダの下に隠れてしまう

フタバは、高所恐怖症に加え、閉所恐怖症でもある
ただひたすら、泣き続ける

なんとか、捕まえようと努力をするが
裏のお宅の人に
『お宅はネコに対して過保護すぎる。ネコなら自分で出てくるから、それまで待つのよ』
と、言われてしまうが

フタバが、逃げ込んで6時間ほど経って、もう、出てきそうもなかったので
脚立を持ち出して、屋根に上って
母が、フタバを捕まえようとするが
悪戦苦闘

30分くらい、
無事に捕獲

これに懲りて、もう脱走はやめてほしい
Top▲ by garanceriajp | 2015-04-03 15:01 | Cat | Comments(0)
フィオッコ 永眠
2013年11月3日
白血病が発覚してからたったの2日

治療の甲斐なく、フィオッコは天使となりました
2006年10月19日 - 2013年11月3日

f0098313_1522629.jpg

この写真に一目ぼれをし 栃木まで買いに行ったのでした

f0098313_1535974.jpg

こんな可愛く成長し

f0098313_154306.jpg

ハーネスをつけて、犬たちと一緒に歩いて散歩に行く子でした

f0098313_1551052.jpg


たくさんの思い出をありがとう
Top▲ by garanceriajp | 2013-11-03 20:00 | Cat | Comments(0)
白血病
我が家の 猫 チンチラのハーフ 
本名:フィオッコ 
通称:くーちゃん(歳とっている両親にはフィオッコというしゃれた名前を呼べないため)

白血病が発症してしまいました(p_-)

数日前から一人で部屋にこもるようになり
様子がおかしいなぁ~
と思って、病院へ連れて行こうとした前夜
母が、フィオッコの口の中を見ると 貧血で真っ白になっており
ただ事ではないと、翌日獣医さんに連れて行きました

見た感じ、元気がない程度
先生も触診やエコーをかけて調べてくれますが、原因判らず
最後に、血液検査をしましょうということになったらしい

そこで、白血病と判明

抗がん剤治療のため 緊急入院となりました

病院から家に母からの電話があり
電話に出た父は
「クーちゃんが死にそうで入院になったって。」と。電話でそう聞かされたそうです

死にそう????
死んじゃう感じじゃなかったけど
んんー

母が帰ってきて、詳しい話を聞くと
白血病を発症して抗がん剤治療で入院になった
とのこと


猫は両親担当とはいえ
フィオッコは、私が買った猫なので
何とも言葉になりません

実は我が家は白血病は2匹目
少し前にいた近所で拾ってきたナナが生まれた時から白血病のキャリアでした
同胎猫を近所の人が飼っていて その子は1歳前に白血病が発症し1歳になることなくなくなりました
うちのナナも 2歳半くらいで白血病に・・・

猫エイズと並んで猫の白血病も怖いものという認識がありましたが

職場で、猫を飼っている人に
「聞いてくださいよーうちのネコ白血病になって緊急入院して抗がん剤治療をしているんですよ…」
っていうと、みんな猫を飼っているのに
「猫って、白血病になるの?」
「猫にも白血病があるの?」って

みんな知らないものなの?

ネットで調べると 治療がうまくいけば白血病が陰性になることもあるそうで
うちも、そうなってほしいな
Top▲ by garanceriajp | 2013-11-01 14:02 | Cat | Comments(0)
動物のお医者さん
うちの犬たちは、おかげさまで、獣医さんにかかることは ほとんどないんだけど
最近、母が5匹いる猫をせっせと 獣医さんへ連れて行ってます

うちの猫たちは、すきあれば 脱走を繰り返すので外で、よその猫とどうやら
戦っているようです

最初の怪我猫は、
子犬の保育士のサンゴ
左頬に大きな怪我をし、膿んで大変なことになりました

次は、お母さん猫の ちぃーちゃん
最近ちょっと元気ないな。避妊してるのに、陰部ばかり舐めてる と思ったらお尻に凄い怪我
エリザベスカラーをして帰って来ました

ちぃーちゃんの怪我も治る前に 次は、フタバ
耳の付け根に傷をおって帰ってきて 獣医さんへ
親子でエリザベスカラーです。

ちなみに、ネコって

喧嘩に強いネコが怪我をするのはたいてい、耳を含めた顔や頭部、前足などです。
ケンカをして帰ってきた時、後足などに怪我をしているのは負けた証拠です。弱い猫は逃げようとしたときに後ろからやられる事が多いので、後足、しっぽ、お尻などに怪我をすることが多いからです。

と、いうことは、サンゴとフタバは、喧嘩に勝って、ちぃーちゃんは負けた模様です。
相手は、三頭とも同じ相手だったら、裏のネコ
実は、自分たちの父親です


こうなると、母の 薬の飲ませ方の腕が ぐぐぐーーーーん と上がります

数日前、ココちゃんの息子 レオンが、一泊したのですが、前足の指を怪我していて
獣医さんで、抗生物質を出され、それを持参でした
朝晩、お薬を飲ませてくださいって。

実は、ネコの薬たちに、自信をつけた母が 時間になるとレオンに お薬
うちの子たちなら、ご飯の上にポンと置いてあげれば、食べちゃうのに、ちゃんと、口開けて、ゴクンと、させていました
Top▲ by garanceriajp | 2013-06-15 05:33 | Cat | Comments(0)
| ページトップ |